手軽に試せるボトックス小顔治療【傷跡が残る心配は不要】

エラ張り顔には効果的

注射

簡単に施術が出来ます

顔のエラが張っており、顔が大きく見えてしまう方の場合、エラの部分にボトックス注射を行うと筋肉の働きが抑制されるため顔をシャープにさせることが出来ます。丁度奥歯を噛みしめた時に、耳の下にふくらみが出るタイプの方は咬筋が発達し過ぎることが原因で顔が大きく見えている可能性が高いといえます。そこで、この咬筋部分にボトックス注射を行うことによって、筋肉の動きを抑制するのです。ボトックスには筋肉の動きを抑える働きがあるので、注射をすれば咬筋が衰えていきます。そのため、咬筋とその周りにある筋肉部分もやせ衰え、小顔に近づくことが出来るという仕組みです。メスを使用せずに、ボトックス菌を注入するだけで簡単に小顔にすることができる施術ですので、エラが張っていることが原因で顔が大きくなってしまった方は、施術効果も高いので行う価値は十分にあるでしょう。術後の効果は注入後、3週間から4週間程度で現れ始め半年から1年後ごとに施術を行えば、小顔のまま居続けることが可能です。ボトックス菌が注入されている間は、筋肉そのものが弱り少なくなっている状態ですので、持続効果も長くなるため、施術間隔もだんだん長くしていくことが出来ます。咬筋の筋肉が弱くなることによって、女性に多い顎関節症の症状も改善することが出来ますので、小顔以外に奥歯の噛みしめや顎関節症に悩まれる方にもお勧めの施術です。小顔目的にボトックス注射を行うのであれば、クリニック選びも重要なポイントとなりますので、なるべく評判のよい症例数の多いクリニックで行うようにしましょう。エラボトックス施術次第は咬筋部分にボトックスを注入するだけですので、小顔治療の中では手軽に行うことが出来ますし、確実な方法でもあるため施術自体は短時間に終わり、比較的失敗も少ないとされています。しかしボトックス菌を注入する場所や量については医師の経験と勘によるものが多いため、量が多すぎても麻痺が残ることもありますし、反対に量が少なすぎてしまうと、効果があまり現れないというケースもありますので、クリニックを選ぶ際はやはりベテラン医師のいるところを選ばれた方がより確実でしょう。施術後は定期的にボトックス菌を咬筋部分に注入し続けなければなりませんので、クリニックや医師とは長い付き合いになりますので、親切丁寧で感じのよいクリニックを選ぶことも重要なポイントです。また極端に安い費用で出来るクリニックは安価な製剤を使用していることもありますので、どのような製剤が使用されているかについてもしっかり確認してから行うようにした方がよいでしょう。顔に注入するものですので、製剤は多少割高でも品質のよい効果の高いものを使用しているクリニックの方がより安心です。